training ushtrasana


【らくだのポーズ】ウシュトラーサナ 後屈
立膝になって膝はしっかりとマットに垂直に押すように降ろします。
腿の前と骨盤は前方へ張りだしながら片手ずつかかとに手を付きます。
背骨のカーブに沿って首はチカラを抜いて柔らかく後ろに倒します。
大丈夫そうなら、つま先を寝かせて甲をマットに降ろし両手をかかとへ。
胸の前が気持ちよく開くので気分が落ち込んだ時やスッキリしたいときに良いポーズです。
かなり後屈が深いポーズなので腰や首が痛い時は片手で様子を見るか、つま先をたてて腰をカバーしながら行います。

最近はいつもこのポーズを前半にいれて後屈を深めるようにしています。
たいていの人は前屈は自宅でもどこでも身体を伸ばしたいと思ったらやります。
後屈はなかなか自分ではやらないもの。
だって くるしいもんね。。。。。
開脚もくるしいもんね。。。。
股関節を深めるポーズもすごくくるしい。。。。。
でも、効果はあると思います!
週1回でもいいのでこの痛いポーズに取り組んでいくと他のポーズにも確実に影響が出て苦手だったポーズができるようになります。
飽きないようにパリエーションを加えながらシークエンスを考えますね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)