training setu bandhasana


【setu bandhasana】橋のポーズ
仰向けに寝て、かかとを、伏せた手の指先に届くところまで足を近づけます。
足の裏、母子球を踏みしめて上体を上方へ持ち上げます。
このポーズでは私は腸腰筋、特に大腰筋をしっかり伸ばしたいので内腿を内転させ膝が開かないように気を付けて身体の全面が伸ばされていることを感じながら行います。
お尻を締めすぎると膝が外へ開くので拮抗しながらバランスよく腰を持ち上げます。
深いブリッジに入る前にこのセツバンタサナーはよく行います。
カウンターポーズの鋤のポーズとセットで行うことが多いです。
苦手な後屈。
気持ちよく伸ばしたいです。

写真はKLスタジオ西春日井です。
今回は初めて太陽礼拝からスタートしてみました。
先週ティーチャートレーニングの補修講座に出てシークエンスの組み立てを師匠に見てもらいました。
私の場合、ストレッチがもはや激しい!!

とのことで太陽礼拝からスタートして身体を温めて座位のポーズの流れに入った方が良いとのこと。
確かにやってみてスムーズに時間が流れました。
今後はこのやり方でやってみようと思います。

今夜は3回目の筋膜リリースの日。
丸の内にある、とあるサロンで ぐりぐりやられてきます。
痛いんですよ・・・・。
帰り歩けるかしら?ってくらいふくらはぎとか痛い。
今日は肩甲骨はがし・・・・。
痛そうだ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)