training eka pada rajakapotasana


【ハーフピジョン】アレンジ
ランの友達が膝の外側を痛めました。いわゆる「ランナーズニー」という腸脛靭帯炎です。
走る事で足を痛めないように日ごろから強く使いたい筋肉「大臀筋」「ハムストリング」「大腿四頭筋」はヨガのポーズで効果的にストレッチしたり強化できるといいます。
膝の角度を狭くしたハーフピジョンでは腸脛靭帯をストレッチできるので腰の負担を軽減しながらランの後、行うといいです。
私は後屈も深めたいので上体を起こしていますが腰が痛い場合は上体を寝かしたハーフピジョンがいいです。
関節や骨、筋肉の付き方は人それぞれなのでどこを伸ばすために、どこを使うためにするポーズなのかを理解しながら行います。
ある人には効くポーズがある人には関節を痛めたりまったく効果がなかったりするからです。
もっともっと深く知らないと教えていくのが怖くなります。
ヨガとランとSUPはずっと付き合っていきたい人生の宝物みたいに思っているので地道に勉強しながら一緒に遊ぶ友人や一緒にヨガをする方に精一杯伝えていきたいです。
元気で楽しくが目的です。
単純なのです。

後ろの足を曲げるとさらに大腿四頭筋が伸びます。
どこをどう動かすとどの筋肉に効いていくのか? これが解剖学とヨガの深いつながりです。
難しいけどおもしろい。

お昼のヨガタイム。
至福の時間です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)